padpad
pad joel hotchkiss

広告関係の仕事をしながらデザインの勉強をしていた1970年代終わりにホチキスは、オリジナルモビールを数種作り出していました。
デザインの種類は日ごとに増え、彼のアパートメントはモビールで一杯になり、いつしかそこはモビールのギャラリーになっていた...という逸話が語られているほどです。
この話の通り、まさにモビールに魅せられた人物でサイズ、素材を超えて様々なものを発表しています。
スチール製、アルミニウム製、3メートルを超える巨大なものも手掛けていて、空気のながれにあやつられる造形は空間の存在感のあるアクセントとなります。










Joel Hotchkiss 1950 -
USA