pad
pd logo

Home > 照明器具 > Alvar Aalto A811

pad
pad

 

tableware
tableware
lighting
furniture
kitchenware
room accessary
gift
各種ご案内
お問合わせ

pad
Aalto A811 pad Aalto A811 pad Aalto A811 pad
pad pad pad pad
Aalto A811 pad Aalto A811 pad
pad pad pad pad
Aalto A811 pad Aalto A811 pad
pad pad pad pad
pad pad pad
pad

アアルト フロアランプ A811

アアルトが1965年にデザインしたフロアランプ。 このフロアランプは、スチールという透光性のない素材をサイズを違えた同心円のリングを組み合わせることにより行灯のような効果を持たせることを実現させました。 1950年代にアアルトが手がけたヘルシンキのNational pensions institute の建築設計で用いた照明器具のエッセンスをフロアランプに取り入れました。本体のブラスのアクセントとブラックのレザーで仕上げた表面はアアルトならではの素材の選択で他の器具に見られない存在感があります。
コード長2.8m、普通球100wシリカランプ 電球口金E26

原産国 :フィンランド (Artek社)
デザイン:アルヴァ アアルト Alvar Aalto
寸 法 : H160cm シェード径45cm
素 材 : シェード スチールペイント
                ベース ブラックレザー貼り、フレーム ブラス
カラー : シェードホワイト、フレームブラック/ブラス

pad
pad
Alvar Aalto pad

Alvar Aalto   アルヴァ アアルト        1898 - 1976

フィンランドのデザイナーで世界的にも近代建築の父とも呼ばれる建築家。
彼の建築では、直線と曲線との、有機的、無機的とのコントラストが 絶妙に使い分けてあります。素材の視覚的な部分での、また手触りを充分に生かした使い方は、現在の建築にも見習わられている点が数々あるように感じます。建築のエレメントである家具や照明器具などにも必ず彼の独自のデザインが発見できるところにも、手掛けたものに決して妥協を許さない姿勢が感じられます。。
また人が使うものという観点から、使い勝手、機能を重視しつつ、見た目に「ほっとする」暖かさを自然の中からモティーフを見いだしている自然な、人間的な感触のあるデザイナーです。

pad pad
pad
Oliver Schich pad

Artek   アルテック        フィンランド

1935年アルヴァ・アアルトが妻のアイノとマイレ・グリクセン、ニルス グスタフ ハールの4人でアルテック社は設立されました。
社名のアルテックは「アート」と「テクノロジー」という1920年代のモダニズム運動のキーワードを掛け合わせた造語で、洗練されたデザインのために新たな技術開発を惜しまない姿勢を表しています。 チェアやテーブルの脚に用いられるLレッグと呼ばれるバーチ(白樺)材の曲げ加工は、そのような精神の下に開発されてテクノロジーと言えます。 近年は創始者のアルヴァ・アアルトをはじめとするフィンランドの巨匠たちだけでなく、各国の著名デザイナーとのコラボレーションによる革新的な家具を発表し、フィンランドのブランドとして独自のインテリアトレンドを発信しています。

pad pad
pad
Alvar Aalto A811

アルヴァ アアルト フロアランプ A811

 単価 438,000円 + 税




divider
pad

購入数 数量:


 
pad
pad
pad pad
pad inquiry pad pad
pad

アアルトデザインの照明器具

pad
pad Alvar Aalto A810 Alvar Aalto A805 Alvar Aalto A808 Alvar Aalto A808 pad

A810

A805

A808 ブラス

A808 ホワイト

pad
pad Alvar Aalto A809 Alvar Aalto walllamp 910 pad pad pad

A809

910


pad